IPO Study

IPO(新規上場会社)の情報・分析サイト

ヤシマキザイ(7677)の初値予想/分析 2019年6月26日(水)上場

1. 基礎データ

1948(昭和23)年10月に、鉄道、船舶、鉱山、土木、農業用機械器具の製作・販売及び修理を目的として、「八洲器材株式会社」として創業したオールドの企業。

 

売上高もかなり大きいため、JR各社、私鉄各社など大手とはほぼ付き合いがある状況。また鉄道事業に力を入れている日立グループとも取引がある模様。

 

 

①鉄道事業

鉄道車両製品を主な市場として鉄道事業者及び鉄道車両メーカーや鉄道車両用電気品メーカーなどを販売先とし、鉄道車両用電気品、同車体用品、同車載品、コネクタ・電子部品を主な商材として取り扱っています

 

②一般事業

鉄道事業における販売先以外の、産業機器メーカー、自動車関連メーカー、業務用機器通販事業者などを販売先としており、コネクタ・電子部品を主な商材として取り扱っています。

 

 

続きを読む

インフォネット(4444)の初値予想/分析 2019年6月25日(火)上場

1. 基礎データ

 

インフォネット社は、WEBサイトを更新・管理・運用していくためのコンテンツ管理システム「infoCMS」を核にしたWEBサイト構築・保守を主な事業としております。

 

具体的には、新規導入に際して、WEBサイトの構築代金を受領し、当社CMS上に顧客の要望に沿ったWEBサイトを設計・デザイン・構築。

 

その後は、月額利用料として運用保守代金を受領し、CMSの運用サポート、不具合対応及び顧客依頼に基づく軽微な修正を行っています。

 

それほど魅力的にはうつらない事業でもあり、売上高の伸びは緩やかですが、利益率が高い点が注目点となると考えています。

 

また、現在の大株主は、フォーカスという企業で、ロックアップも180日以上かかっておりますが、この会社の移行も働きやすい点に留意しておいたほうが良いでしょう。

 

続きを読む

ブランディングテクノロジー(7067)の初値予想/分析 2019年6月21日(金)上場

1. 基礎データ

 

f:id:IPOStudy:20190620163156p:plain

 

中小企業向けにブランド構築や課題解決を、インターネットを活用して提供する企業。

企業名はカッコよいが、営業利益率は5%程度と高くないため、収益力の高いコンサルティングができるかが課題となりそう。

 

恐らく需給から高騰しますが、今後しっかりとした成長ができるかは、成長可能性の資料などを見て判断したいと思います。

 

「ブランド事業」...‌‌メディア制作および運用、コンテンツ制作およびマーケティング支援、各種コンサルティングを行い、内製あるいは外注することにより成果物を顧客に対して提供。

 

「デジタルマーケティング事業」...‌中堅・中小企業に対してインターネット上の総合マーケティング支援を展開しております。戦略企画から、広告運用支援、コンサルティングまでワンストップで提供。

 

「オフショア関連事業」...‌‌株式会社アザナおよびVieTry CO.,LTD.において、Webサイトの制作および運用のオフショア・ニアショア開発、並びに、現地企業に対してWebサイトの制作および運用、インターネット広告の代理販売等を行い、内製あるいは外注することにより成果物またはサービスを顧客に対して提供。

 

続きを読む

ピアズ(7066)の初値予想/分析 2019年6月20日(木)上場

f:id:IPOStudy:20190619173656p:plain


1. 基礎データ

 

 

通信業界におけるコンサルティング事業を主に行っています。

セグメントは一つであるものの、以下3つのサービスに分かれており、主には携帯ショップ向けのコンサルティングサービスとなっています。

 

 

①コンサルティングサービス

 

具体的には、販売代理店が運営するキャリアショップ(通信キャリアのブランドを冠した販売店)や家電量販店に対し、販売を委託する通信キャリアに代わり、業界知見や販売経験を有する当社コンサルタントが、各店舗において抱えている運営課題や販売課題に対するオリジナルの研修プログラムを提案し、アドバイザーとしての教育サポートを行っています。

 

②人材ソリューション

協力会社を活用しながらも同社が移動体通信機器の販売の現場に携わってきた経験から培ってきたノウハウをもとに、販売現場での販売促進やプロモーションイベント開催における業務を請け負っていまs。

 

③ITソリューション

通信キャリアの提供する商材やサービスの多様化に対応し、当社のコンサルタントが有するセールススキルやノウハウを動画コンテンツやアプリケーションとして提供しています。

 

続きを読む

ユーピーアール(9075)の初値予想/分析 2019年6月12日(水)上場

1. 基礎データ

 

①物流事業 

 

物流にかかわるパレットで創業した企業。木製パレットの製造業者として山口県宇部市に創業し、それ以来「パレットを通じ人々の生活を便利にすること」を事業原点として発展している企業です。


さらに付加価値をつけるため最近では、スマートパレット、アシストスーツなど物流にかかわる事業を展開しています。

 

全国に展開し、平成31年3月31日現在は国内12の営業所と174のデポで運営しており、レンタル用物流機器の保有枚数は約400万枚に達しており、バランスシートにはレンタル資産が多い。

 

木製パレットの製造、販売及びレンタルからスタートしましたが、時代の流れにより変化する顧客ニーズに迅速に対応し、プラスチック製パレット、ネスティングラックやカゴ車等の金属製品など様々な場面で利用される物流機器を扱い、レンタル及び販売することで発展してまいりました。※1

続きを読む